BUSINESS

全体を最適化

ゴールドラット博士という人物が、TOCという理論を作り上げました。
このTOCという理論は、プロジェクトの最適化に置いて、かなり力を発揮していたもので、ほとんどの企業が使っている理論です。
しかし、タクトシステムズはこの理論で満足することなく、これを更に発展させた理論を作り上げました。
それがCCPMという理論です。
このCCPMという理論は、人間の行動特性であったり、アルゴリズムを特化したものとなり、予測不能な事態にも対処できるように作り上げられた理論です。
そのため、納期に遅れることがないどころか、他社より大幅に納期を早めることも出来てしまうものになりました。

このCCPMを使い、納期が当初3ヶ月だった作業工程を、わずか3週間で終わらせることにも成功したようです。
そのため、他の会社もタクトシステムズを利用するようになり、システムの構築では右に出るものがいないほどの会社となりました。
なので、これからもこのCCPMという理論は使われていき、納期をしっかり守る会社として今後も発展していくことだと思います。